スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
H16年:企業経営理論:第6問設問2
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 1980年代半ば以降、わが国の企業の海外進出は活発化した。1990年代に入ると、中堅中小企業の海外進出が多くなり、東アジアに向けて数多くの企業が海外子会社を設けた。(1)これにはいくつかの理由があげられる。しかし、1997年のアジア通貨危機を境に、この進出ブームは一挙に沈静化した。他方、中国のWTO加盟にともなって、中華料理の本場の中国にラーメンで進出して成功している企業のように、(2)拡大する中国市場をにらんだ進出も多くなりつつある。また、(3)中国で生産した製品の品質が向上し、日本国内での競争力を高めていることはよく知られている。
(設問2)
 文中の下線部(2)のように、中国への進出を促している要因として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 中国人の所得向上にともなう消費の拡大やライフスタイルの変化
b 日本的経営を導入する現地企業の増加
c 経営力ある現地のパートナー企業の成長
d 原材料の完全な現地調達の実現
e 信頼できる全国規模の流通チャネルの存在
ア.aとb イ.aとc ウ.bとc 
エ.bとe オ.dとe

“H16年:企業経営理論:第6問設問2”の続きを読む>>
スポンサーサイト
企業経営理論 | 20:42:23 | Trackback(0) | Comments(2)
H16年:企業経営理論:第6問設問1
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 1980年代半ば以降、わが国の企業の海外進出は活発化した。1990年代に入ると、中堅中小企業の海外進出が多くなり、東アジアに向けて数多くの企業が海外子会社を設けた。(1)これにはいくつかの理由があげられる。しかし、1997年のアジア通貨危機を境に、この進出ブームは一挙に沈静化した。他方、中国のWTO加盟にともなって、中華料理の本場の中国にラーメンで進出して成功している企業のように、(2)拡大する中国市場をにらんだ進出も多くなりつつある。また、(3)中国で生産した製品の品質が向上し、日本国内での競争力を高めていることはよく知られている。
(設問1)
 文中の下線部(1)の理由として最も不適切なものはどれか。
ア.ODAによる中小企業融資が、資金不足の中小企業の海外進出を後押しした。
イ.自社の生産システムを比較的円滑に移転できた。
ウ.既に海外進出している大手企業が下請企業の進出を促した。
エ.低コスト生産が海外進出先で可能であった。
オ.東アジアで外資優遇策が設けられた。

“H16年:企業経営理論:第6問設問1”の続きを読む>>
企業経営理論 | 20:39:07 | Trackback(0) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第5問
 リストラクチャリングのあり方をめぐる見解として、最も適切なものはどれか。

ア.事業構想にあわせて不採算分野を縮小し、成長分野への経営資源の重点投入を図る。
イ.従業員の希望退職等によって人件費の負担を軽減することに専念する。
ウ.新規事業を見送り、研究開発活動も休止する。
エ.大企業との下請関係を清算する。
オ.量販店へのリベートを増加させ、拡販キャンペーンを展開する。

“H16年:企業経営理論:第5問”の続きを読む>>
企業経営理論 | 23:12:24 | Trackback(0) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第4問設問4

 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 大企業の生産部門に約10年勤務したA氏は、自分が腕を磨いたアルミ加工技術を活かすべく、(1)会社を辞して仲間3名で出資して資本金506万円で平成11年に有限会社を設立した。彼らは常に生産現場で協力しながら、アルミ鋳物の鍋やフライパンを作り続けた。製品は好評で、会社は2年間毎月売上を伸ばしたが、3年目に入ると陰りが見え始めた。幸いにも(2)新製品の開発に成功し、やがてそれが売上に貢献するようになった。工場を拡張し、営業部門も増員した。ところが、会社が大きくなるにつれて、長期雇用をべ一スに熟練を形成して、従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指すという社長の意図が浸透せず、従業員の士気は低下しはじめた。重大な危機と認識した社長は、(3)矢継ぎ早に必要な手立てを講じた。こうして勢いを取り戻した会社では、従業員から製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになった。現場の知恵を活かした新製品は好評で、会社は売上を伸ばし始めた。やがて(4)地元の大学と連携を深めながら、アルミ溶接などの高度な技術に挑戦するようになった。

(設問4)
 文中の下線部(4)のように産学連携を進める際に、大学のTLO(技術移転機関)が重要な役割を果たすとの期待が高まっている。しかし、中小企業にとってはTLOと連携して技術戦略を推進するのは必ずしも容易ではないようである。その理由として最も適切なものはどれか。

ア.外部機関との共同研究によって生れた特許は、原則として大学に帰属するので、TLOにとっても中小企業にとっても共同研究に取り組むインセンティブが働きにくい。
イ.大学のTLOには中小企業の技術や経営に精通した人材が比較的少ない。
ウ.大学のTLOや産学連携に関する情報が中小企業へは全く伝わらない。
エ.大学の保有する特許は先端技術に基づくものばかりであり、ビジネス化には多額の追加投資が強いられがちであり、中小企業には不向きである。


“H16年:企業経営理論:第4問設問4”の続きを読む>>
企業経営理論 | 22:41:30 | Trackback(0) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第4問設問3
  次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 大企業の生産部門に約10年勤務したA氏は、自分が腕を磨いたアルミ加工技術を活かすべく、(1)会社を辞して仲間3名で出資して資本金506万円で平成11年に有限会社を設立した。彼らは常に生産現場で協力しながら、アルミ鋳物の鍋やフライパンを作り続けた。製品は好評で、会社は2年間毎月売上を伸ばしたが、3年目に入ると陰りが見え始めた。幸いにも(2)新製品の開発に成功し、やがてそれが売上に貢献するようになった。工場を拡張し、営業部門も増員した。ところが、会社が大きくなるにつれて、長期雇用をべ一スに熟練を形成して、従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指すという社長の意図が浸透せず、従業員の士気は低下しはじめた。重大な危機と認識した社長は、(3)矢継ぎ早に必要な手立てを講じた。こうして勢いを取り戻した会社では、従業員から製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになった。現場の知恵を活かした新製品は好評で、会社は売上を伸ばし始めた。やがて(4)地元の大学と連携を深めながら、アルミ溶接などの高度な技術に挑戦するようになった。

(設問3)
文中の下線部(3)でとった手立てとして、最も不適切なものはどれか。
ア.QC活動を導入して、優れた改善提案に対して金一封を添えて表彰する。
イ.会社の方針に沿って機能別に職務を編成して、権限と責任を明確にする。
ウ.業績があがらず不満の多い従業員を面接指導し、場合によっては配置転換する。
エ.経営計画の策定に従業員を参加させて経営責任を共有する。
オ.従業員を短期の雇用契約に切り替え、出来高給制をとって雇用の流動化を図る。

“H16年:企業経営理論:第4問設問3”の続きを読む>>
企業経営理論 | 20:09:12 | Trackback(0) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第4問設問2
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 大企業の生産部門に約10年勤務したA氏は、自分が腕を磨いたアルミ加工技術を活かすべく、(1)会社を辞して仲間3名で出資して資本金506万円で平成11年に有限会社を設立した。彼らは常に生産現場で協力しながら、アルミ鋳物の鍋やフライパンを作り続けた。製品は好評で、会社は2年間毎月売上を伸ばしたが、3年目に入ると陰りが見え始めた。幸いにも(2)新製品の開発に成功し、やがてそれが売上に貢献するようになった。工場を拡張し、営業部門も増員した。ところが、会社が大きくなるにつれて、長期雇用をべ一スに熟練を形成して、従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指すという社長の意図が浸透せず、従業員の士気は低下しはじめた。重大な危機と認識した社長は、(3)矢継ぎ早に必要な手立てを講じた。こうして勢いを取り戻した会社では、従業員から製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになった。現場の知恵を活かした新製品は好評で、会社は売上を伸ばし始めた。やがて(4)地元の大学と連携を深めながら、アルミ溶接などの高度な技術に挑戦するようになった。

(設問2)
 文中の下線部(2)に関連して、新設の小規模企業が製品開発を行うための対応策として、最も不適切なものはどれか。
ア.最新鋭の自動化設備を導入して、他社を凌駕する生産効率をあげる。
イ.従業員に自分のアイデアを試作する機会を与える。
ウ.消費者をモニターにして、自社製品についての意見をこまめに集める。
エ.商品見本市への出品や百貨店に強い販売力をもつ納入業者との情報交換を活発化する。

“H16年:企業経営理論:第4問設問2”の続きを読む>>
企業経営理論 | 22:48:25 | Trackback(0) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第4問設問1
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 大企業の生産部門に約10年勤務したA氏は、自分が腕を磨いたアルミ加工技術を活かすべく、(1)会社を辞して仲間3名で出資して資本金506万円で平成11年に有限会社を設立した。彼らは常に生産現場で協力しながら、アルミ鋳物の鍋やフライパンを作り続けた。製品は好評で、会社は2年間毎月売上を伸ばしたが、3年目に入ると陰りが見え始めた。幸いにも(2)新製品の開発に成功し、やがてそれが売上に貢献するようになった。工場を拡張し、営業部門も増員した。ところが、会社が大きくなるにつれて、長期雇用をべ一スに熟練を形成して、従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指すという社長の意図が浸透せず、従業員の±気は低下しはじめた。重大な危機と認識した社長は、(3)矢継ぎ早に必要な手立てを講じた。こうして勢いを取り戻した会社では、従業員から製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになった。現場の知恵を活かした新製品は好評で、会社は売上を伸ばし始めた。やがて(4)地元の大学と連携を深めながら、アルミ溶接などの高度な技術に挑戦するようになった。

(設問1)
 文中の下線部(1)のような会社を設立したときに発生する事柄について述べたものとして、最も不適切なものはどれか。
ア.運転資金不足のため3名は貯蓄をつぎ込んだが、それでも足りず、やがて3名は自宅を担保に銀行から資金を借り入れた。
イ.初年度は売上が3千万円であったので、内税にしていた消費税は納めなかった。
ウ.設立の登記に際して印鑑証明書が必要になったが、A氏はその3週間前に役所で発行してもらった印鑑証明書があったので、それを使うことにした。
エ.有限会社なので、設立時に社員総会を開いたが、その後は社員総会を開催しないで済ませている。

“H16年:企業経営理論:第4問設問1”の続きを読む>>
企業経営理論 | 23:03:50 | Trackback(0) | Comments(1)
H16年:企業経営理論:第3問
 差別化戦略に関する説明として最も適切なものはどれか。
ア.広告宣伝はイメージ形成に効果的なので、新製品の市場導入期に実施し、その効果がなくなる成長期からは実施しない。
イ.顧客のクレームや評判に注意を払いながら、顧客の求める製品機能の充実を図り、反復購入率を高めるようにする。
ウ.製品ラインを幅広くして価格訴求力を強めて、広範囲な顧客をターゲットにする。
エ.徹底した生産合理化や、海外調達によって、コスト・リーダーシップを確立して、市場シェアを奪って競争優位を発揮する。
オ.特許や商標などの知的財産権を取得すると、後続企業による製品の模倣を防ぐばかりでなく、特許申請費用が資産として評価されるので、自已資本比率を改善する効果がある。

“H16年:企業経営理論:第3問”の続きを読む>>
企業経営理論 | 21:57:35 | Trackback(1) | Comments(0)
H16年:企業経営理論:第2問設問2
 次の図に関して、下記の設問に答えよ。
H16C0200.jpg

(設問2)
 上図は何と呼ばれているか。最も適切なものを選べ。
ア.ステータス・マップ
イ.ブランド・コンセプト・マップ
ウ.ブランド・マトリックス
エ.プロダクト・ポートフォリオ・マップ

“H16年:企業経営理論:第2問設問2”の続きを読む>>
企業経営理論 | 22:55:31 | Trackback(0) | Comments(0)
H16:企業経営理論:第2問設問1
 次の図に関して、下記の設問に答えよ。
H16C0200.jpg

(設問1)
 上図に関する説明として最も適切なものはどれか。
ア.セルAは絶好調の商品群であり、クリーム・スキミング戦略が成功している。
イ.セルBは価格戦略の失敗のため、業績が伸び悩んでいる。
ウ.セルCは弱小ブランドであり、競争市場では長期的に低迷する傾向がある。
エ.セルDはニッチ戦略によって市場シェアを高めている。

“H16:企業経営理論:第2問設問1”の続きを読む>>
企業経営理論 | 22:52:31 | Trackback(2) | Comments(0)
次のページ
参考書を探す
PROFILE

フォレスト

  • author: フォレスト
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
Recent Comments
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。