スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
H16年:企業経営理論:第6問設問1
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 1980年代半ば以降、わが国の企業の海外進出は活発化した。1990年代に入ると、中堅中小企業の海外進出が多くなり、東アジアに向けて数多くの企業が海外子会社を設けた。(1)これにはいくつかの理由があげられる。しかし、1997年のアジア通貨危機を境に、この進出ブームは一挙に沈静化した。他方、中国のWTO加盟にともなって、中華料理の本場の中国にラーメンで進出して成功している企業のように、(2)拡大する中国市場をにらんだ進出も多くなりつつある。また、(3)中国で生産した製品の品質が向上し、日本国内での競争力を高めていることはよく知られている。
(設問1)
 文中の下線部(1)の理由として最も不適切なものはどれか。
ア.ODAによる中小企業融資が、資金不足の中小企業の海外進出を後押しした。
イ.自社の生産システムを比較的円滑に移転できた。
ウ.既に海外進出している大手企業が下請企業の進出を促した。
エ.低コスト生産が海外進出先で可能であった。
オ.東アジアで外資優遇策が設けられた。

“H16年:企業経営理論:第6問設問1”の続きを読む>>
スポンサーサイト
企業経営理論 | 20:39:07 | Trackback(0) | Comments(0)
参考書を探す
PROFILE

フォレスト

  • author: フォレスト
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
02月 « 2005/03 » 04月
Recent Comments
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。