スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
H16年:企業経営理論:第6問設問1
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 1980年代半ば以降、わが国の企業の海外進出は活発化した。1990年代に入ると、中堅中小企業の海外進出が多くなり、東アジアに向けて数多くの企業が海外子会社を設けた。(1)これにはいくつかの理由があげられる。しかし、1997年のアジア通貨危機を境に、この進出ブームは一挙に沈静化した。他方、中国のWTO加盟にともなって、中華料理の本場の中国にラーメンで進出して成功している企業のように、(2)拡大する中国市場をにらんだ進出も多くなりつつある。また、(3)中国で生産した製品の品質が向上し、日本国内での競争力を高めていることはよく知られている。
(設問1)
 文中の下線部(1)の理由として最も不適切なものはどれか。
ア.ODAによる中小企業融資が、資金不足の中小企業の海外進出を後押しした。
イ.自社の生産システムを比較的円滑に移転できた。
ウ.既に海外進出している大手企業が下請企業の進出を促した。
エ.低コスト生産が海外進出先で可能であった。
オ.東アジアで外資優遇策が設けられた。


【考え方】
 東アジアに多数の企業が海外子会社を設けた理由として不適切なものを選択する問題です。アのODAとは、(Official Development Assistance−政府開発援助)のことで、「開発途上国の経済開発や福祉の向上に寄与すること」を主な目的としています。中小企業の海外直接投資などに対する融資は国際協力銀行が行っています。
 参照:http://www.meti.go.jp/hakusho/chusyo/H12/02-02-05-01.html
    http://www.meti.go.jp/hakusho/chusyo/H10/02-01-01.html
【答え】→ア
スポンサーサイト
企業経営理論 | 20:39:07 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

参考書を探す
PROFILE

フォレスト

  • author: フォレスト
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08月 « 2017/09 » 10月
Recent Comments
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。