スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
H16年:企業経営理論:第4問設問2
 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
 大企業の生産部門に約10年勤務したA氏は、自分が腕を磨いたアルミ加工技術を活かすべく、(1)会社を辞して仲間3名で出資して資本金506万円で平成11年に有限会社を設立した。彼らは常に生産現場で協力しながら、アルミ鋳物の鍋やフライパンを作り続けた。製品は好評で、会社は2年間毎月売上を伸ばしたが、3年目に入ると陰りが見え始めた。幸いにも(2)新製品の開発に成功し、やがてそれが売上に貢献するようになった。工場を拡張し、営業部門も増員した。ところが、会社が大きくなるにつれて、長期雇用をべ一スに熟練を形成して、従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指すという社長の意図が浸透せず、従業員の士気は低下しはじめた。重大な危機と認識した社長は、(3)矢継ぎ早に必要な手立てを講じた。こうして勢いを取り戻した会社では、従業員から製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになった。現場の知恵を活かした新製品は好評で、会社は売上を伸ばし始めた。やがて(4)地元の大学と連携を深めながら、アルミ溶接などの高度な技術に挑戦するようになった。

(設問2)
 文中の下線部(2)に関連して、新設の小規模企業が製品開発を行うための対応策として、最も不適切なものはどれか。
ア.最新鋭の自動化設備を導入して、他社を凌駕する生産効率をあげる。
イ.従業員に自分のアイデアを試作する機会を与える。
ウ.消費者をモニターにして、自社製品についての意見をこまめに集める。
エ.商品見本市への出品や百貨店に強い販売力をもつ納入業者との情報交換を活発化する。


【考え方】
 会社は、従業員の士気低下のなかで、「従業員の創意工夫が湧きあがる会社を目指す」という意図をもって、矢継ぎ早に必要な手立てを講じた結果、製品アイデアや生産工程の改善アイデアが出るようになっていきました。これは、社長が自らの意図を組織に浸透させていった結果、創意工夫を重ねるような組織文化が形成されつつある組織に変貌しつつある状態にあると考えることができます。
 このような組織文化を潰さないようにするためにはどうしたらいいかを考えることが、問題を解く鍵になると言えます。ア以外の選択肢は、創意工夫をする組織づくりに貢献すると言えるでしょう。
 ちなみに、アのように最新鋭の自動化設備を導入することも、その導入目的によっては、創意工夫をする組織づくりに貢献する可能性もあります。もし、生産の自動化によって生じる余剰分をクリエイティブな仕事に当てるという目的であれば、アも不適切とは言えなくなります。しかし、アでは、設備導入の目的は「他社を凌駕する生産効率をあげること」にあり、このことから、アは不適切と判断することができます。
【答え】→<>ア
スポンサーサイト
企業経営理論 | 22:48:25 | Trackback(0) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

参考書を探す
PROFILE

フォレスト

  • author: フォレスト
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Recent Comments
Links
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。